富山市の内科医院 にしだ内科クリニック

来院するのが気持ちいいクリニック にしだ内科クリニック
地域の皆さまの健康と笑顔を増やす にしだ内科クリニック
いつ行っても安心して相談できるホームドクター
アクセス地図
電話する

076-482-4601

院長経歴

学歴

1978年 富山市立東部小学校入学(1983年に福井県へ転校)

1984年 福井県勝山市立成器西小学校卒業

1987年 福井県勝山市立勝山中部中学校卒業

1990年 富山県立高岡高等学校理数科卒業

1996年 富山医科薬科大学(現・富山大学)医学部卒業

2007年 富山大学大学院医学系研究科博士課程修了

職歴

1996年 富山医科薬科大学(現・富山大学)附属病院 内科研修医

1997年 不二越病院 内科医員

1998年 社会保険高岡病院(現・高岡ふしき病院) 内科医員

1999年 糸魚川総合病院 内科医員

2000年 富山医科薬科大学(現・富山大学)附属病院 第二内科医員

2002年 富山逓信病院 内科医員

2003年 社会保険高岡病院(現・高岡ふしき病院) 内科医員

2005年 国立病院機構富山病院 内科医員

2006年 富山医科薬科大学(現・富山大学)附属病院 第二内科医員

2007年 カナダ、モントリオール心臓研究所 博士研究員

2010年 富山大学附属病院 第二内科助教

2010年 富山大学附属病院 第二内科診療講師

2014年 富山大学附属病院 第二内科診療准教授

2017年 にしだ内科クリニック 院長

資格・専門医

1996年 医師免許

2001年 日本内科学会 認定内科医

2005年 日本内科学会 総合内科専門医

2005年 日本循環器学会 循環器専門医

2007年 医学博士

2010年 富山大学 臨床研修指導医(2017年まで)

2010年 植込み型除細動器/ペーシングによる心不全治療 研修終了

2011年 米国不整脈学会 国際検定試験不整脈専門医(IBHRE CEPS)

2013年 日本不整脈心電学会 不整脈専門医

2013年 日本内科学会 内科認定医制度 指導医(2017年まで)

2013年 医療系大学間共用試験 客観的臨床能力試験(OSCE)評価者

所属学会

日本内科学会

日本循環器学会

日本不整脈心電学会(評議員)

日本心臓病学会

日本消化器内視鏡学会

米国心臓協会(American Heart Association)(フェロー)

米国心臓病学会(American College of Cardiology)(フェロー)

米国不整脈学会(Heart Rhythm Society)(フェロー)

アジア太平洋不整脈学会(Asia Pacific Heart Rhythm Society)

受賞歴

2010年 米国不整脈学会(Heart Rhythm Society)

     若手研究者賞(Young Investigator Awards)

2010年 アジア太平洋不整脈学会(Asia Pacific Heart Rhythm Society)

     最優秀論文賞(Best Paper Awards, First Prize)

 その他

代表論文

  • Nishida K, Datino T, Macle L, Nattel S. Atrial Fibrillation Ablation: Translating Basic Mechanistic Insights to the Patient. J Am Coll Cardiol. 2014;64:823-31.
  • Nishida K and Nattel S. Atrial fibrillation compendium: historical context and detailed translational perspective on an important clinical problem. Circ Res. 2014;114:1447-52.
  • Nakatani Y, Nishida K, Sakabe M, Kataoka N, Sakamoto T, Yamaguchi Y, Iwamoto J, Mizumaki K, Fujiki A and Inoue H. Tranilast prevents atrial remodeling and development of atrial fibrillation in a canine model of atrial tachycardia and left ventricular dysfunction. J Am Coll Cardiol. 2013;61:582-8.
  • Nishida K, Chiba K, Iwasaki YK, Katsouras G, Shi YF, Blostein MD, Khairy P, Guerra PG, Dubuc M, Tardif JC, Tanguay JF and Nattel S. Atrial fibrillation-associated remodeling does not promote atrial thrombus formation in canine models. Circ Arrhythm Electrophysiol. 2012;5:1168-75.
  • Iwasaki YK, Nishida K, Kato T and Nattel S. Atrial fibrillation pathophysiology: implications for management. Circulation. 2011;124:2264-74.
  • Makary S, Voigt N, Maguy A, Wakili R, Nishida K, Harada M, Dobrev D and Nattel S. Differential Protein Kinase C Isoform Regulation and Increased Constitutive Activity of Acetylcholine-Regulated Potassium Channels in Atrial Remodeling. Circ Res. 2011:1031-1043.
  • Nishida K, Qi XY, Wakili R, Comtois P, Chartier D, Harada M, Iwasaki YK, Romeo P, Maguy A, Dobrev D, Michael G, Talajic M and Nattel S. Mechanisms of atrial tachyarrhythmias associated with coronary artery occlusion in a chronic canine model. Circulation. 2011;123:137-46.
  • Nishida K, Sarrazin JF, Fujiki A, Oral H, Inoue H, Morady F and Nattel S. Roles of the left atrial roof and pulmonary veins in the anatomic substrate for persistent atrial fibrillation and ablation in a canine model. J Am Coll Cardiol. 2010;56:1728-36.
  • Nishida K, Maguy A, Sakabe M, Comtois P, Inoue H and Nattel S. The role of pulmonary veins vs. autonomic ganglia in different experimental substrates of canine atrial fibrillation. Cardiovasc Res. 2011;89:825-33.
  • Wakili R, Yeh YH, Yan Qi X, Greiser M, Chartier D, Nishida K, Maguy A, Villeneuve LR, Boknik P, Voigt N, Krysiak J, Kaab S, Ravens U, Linke WA, Stienen GJ, Shi Y, Tardif JC, Schotten U, Dobrev D and Nattel S. Multiple potential molecular contributors to atrial hypocontractility caused by atrial tachycardia remodeling in dogs. Circ Arrhythm Electrophysiol. 2010;3:530-41.
  • Burstein B, Comtois P, Michael G, Nishida K, Villeneuve L, Yeh YH and Nattel S. Changes in connexin expression and the atrial fibrillation substrate in congestive heart failure. Circ Res. 2009;105:1213-22.
  • Nishida K, Michael G, Dobrev D and Nattel S. Animal models for atrial fibrillation: clinical insights and scientific opportunities. Europace. 2010;12:160-72.
  • Maguy A, Le Bouter S, Comtois P, Chartier D, Villeneuve L, Wakili R, Nishida K and Nattel S. Ion channel subunit expression changes in cardiac Purkinje fibers: a potential role in conduction abnormalities associated with congestive heart failure. Circ Res. 2009;104:1113-22.
  • Nishida K, Fujiki A, Sakamoto T, Iwamoto J, Mizumaki K, Hashimoto N and Inoue H. Bepridil reverses atrial electrical remodeling and L-type calcium channel downregulation in a canine model of persistent atrial tachycardia. J Cardiovasc Electrophysiol. 2007;18:765-72.
  • Nishida K, Fujiki A, Mizumaki K, Sakabe M, Sugao M, Tsuneda T and Inoue H. Canine model of Brugada syndrome using regional epicardial cooling of the right ventricular outflow tract. J Cardiovasc Electrophysiol. 2004;15:936-41.

  その他

にしだ内科クリニック

にしだ内科クリニック

〒931-8325

富山市城川原一丁目17-27

076-482-4601

診療時間

平日:午前 8:30~12:30、午後 14:30~19:00
土曜:午前 8:30~13:00

【休診日】土曜午後、日曜・祝日